2021年5月の自分リリースノート

エソラ
エソラ

以下のブログを見て、自分リリースノートについて記載していたのですが、非常に面白いなと思いました。

【雑記】じぶん Release Notes (ver 0.2021.05)的なテスト

ということで、ありがたくリスペクトして、自分も書いてみたいと思います。

エソラ
エソラ

定期的に自分の活動を記して、書き溜めておくことで、振り返りができるので、そこから何か気づきが得られたりすると有益だなと感じております。

ということで、ゆるい文章で書いていきたいと思います。

目次

2021年4月から社内公募の結果、自社サービス開発部門へ異動

2021年の4月から、社内公募の結果、常駐型の開発案件から、自社サービスの開発部門へと異動しました。

異動してみて

旧部署での引き継ぎについては、基本的にペアプログラミングの要領で、二人一組で仕事をおこなっていたので、完全に私の頭の中にしか情報が入っていないという事柄が少なく、スムーズに進みました。

ということで、旧部署から新しい部署へはスムーズに異動ができました。

しかし、今のご時世的にリモートワーク推奨ということで、新しいチームメンバーとも未だに画面越しでしか会ったことがありません。

エソラ
エソラ

新しい仲間との親睦を深めるという点では、やはりリモートワークはやりづらく、「最初は出社したかったなー」というのが正直な気持ちでした。

また、自己紹介をすることが非常に増えたので、1分くらいで自分のスキルセットや、パーソナルな情報を言えるようになっていると、すごく役に立つなと思いました。

仕事のやり方の変化について

エソラ
エソラ

今までは上流工程では要件定義からやっていましたが、異動後はより上流の「要求定義」からやるようになりました。

経営目標や構想から、どんなことがやりたいか、実現したいかといった内容を定義していくような作業です。

社内では比較的新しい部署なので、まだまだ部署内でも仕事のやり方が定まっていない感じがしています。

例えば、どんなドキュメントを作っていくとか、ドキュメントのフォーマットが定まっていないとか、一部の人が持っているノウハウがまだまだ頭の中にあって、明記化されていないなと感じました。

エソラ
エソラ

今後の自分の仕事としては、アウトプットのスピード感を出していくために、プロジェクトの標準化を進めていくことだと感じています。

一年間、しっかりと取り組んで、成果を上げていきたいと思います。

インプット情報

以下は自分が2021年4月から5月末までにインプットした情報をまとめています。

Audible版のイシューからはじめよ ― 知的生産の「シンプルな本質」を読んだ

この書籍を知ってる方は非常に多いと思います。

問題解決をする人にとって、バイブルとも言えるのがこの書籍です。

エソラ
エソラ

一言で言えば、「全てのことを問題解決しようとするのではなく、一番解決すべき問題(イシュー)を最初にしっかりと見極めてから、仕事に取り掛かろう」ということを教えてくれる書籍です。

私も昔読んだことがありますが、新しい部署に異動して、タスク量が非常に多いものの、全てをさばいたとしても、高い成果には結びついていないなと感じ、「何をするか、何をしないか」をしっかりと決める必要があると感じました。

その際に、昔読んだこの書籍を思い出して、問題解決をした時に与える影響を大きくするために、この書籍をまた最初から読んで勉強しようと思ってこの書籍を読みました。

ただ、1から書籍を読んでいくには、時間がかかりすぎて厳しいので、今回初めてAudible版を利用しました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次
閉じる