【効果5000倍?】動画学習で圧倒的成長を実現する

はじめに

何か新しい事を勉強しようとした時、媒体は何を選択しますか?

書籍でしょうか?

またはWeb記事でしょうか?

確かに書籍やWeb記事は分かりやすいものも多く、今でも有効な情報源であると思います。

ただ、今は「動画」でも勉強が出来る時代になって来ていることをご存知でしょうか?

動画学習は書籍よりも楽に勉強が出来て、その上効率も効果も格段に上がります。

という事は、周りの人たちよりも速く成果を出せるという事になります。

速く成果を出すことが出来れば、より良い条件の会社に転職が出来たり、望んだキャリを歩めたりします。

良い学習方法を知ることは、無駄な努力をしないために、必須条件となります。

ここでは、動画学習が効果が良い理由と、楽で効率が良い動画学習の方法について記載します。

想定読者

  • 効率の良い勉強の仕方が分からない駆け出しエンジニアや新入社員
  • 中級以上を目指したいエンジニア

動画で学習すると効率が良くなる理由

記憶に残りやすい

3Vの法則

「3Vの法則」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
または「メラビアンの法則」とか、「7-38-55ルール」と呼ばれたりするようです。

3Vとは、「Verbal(言語)」、「Vocal(聴覚)」、「Visual(視覚)」の事で、人間が情報を受け取る時、テキストで受け取るか、音声で受け取るか、映像で受け取るかで、記憶に与える影響度が以下のように違うという法則です。

名称情報の受け取り方影響度
Verbal(言語)テキスト7%
Vocal(聴覚)音声38%
Visual(視覚)映像55%

テキストのみで情報を受け取った場合と、テキスト、音声、映像を組み合わせて情報を受け取った場合で、約5000倍も効果が違うと言われているようです。

そのため、「記憶残すために、動画で学習」というのは理にかなっているという事になります。

疲れていても楽に勉強が出来る

社会人が勉強をする場合、業務後に勉強をすることが多いと思います。

会社では「さぁ、勉強しよう」と思っていざ帰宅しても、ご飯を食べて、お酒を飲んでってやってしまって、「勉強出来なかった」という経験ありますよね?(自分だけ?)

動画であれば、自動で流れていくので「とりあえず流し見」という事も出来ます。

TVでも真剣に見てなかったが、何となく断片的に覚えているという経験はあると思います。

「効果がないよ」と言う方もいるとは思いますし、手を動かす事が理想ですが、全く何もインプットしないよりは良いと私は思います。

インプットする習慣を作る事が大切です。

効率の良い動画学習のためのオススメコンテンツ

では、ここからはエンジニアが動画学習をする際のオススメコンテンツについて述べていきます。

Udemy

Udemyとは、米シリコンバレー発のオンライン動画で学習が出来る世界的なプラットフォームです。

プログラマ向けだけではなく、マーケティングやMBA等のビジネススキルから写真とか音楽とか趣味系の教育コンテンツもあるみたい。

日本語の講座もかなり多く、凄腕のつよつよエンジニアの人たちがオンライン動画で手取り足取り教えてくれていて、かなり良い。

もし詰まっても講師にプラットフォーム上でQAすることが出来る。

定価は数万円で非常に高いんだけど、ここは月に何回もセールをやっていて、セール時は約90%OFF(約1400円くらい)になっているから、セールで買うのが圧倒的オススメ。

講座によっては「初級の内容から始まり、徐々に中級の内容までカバー」してくれている講座もあり、そういう講座をセールで買うと、「書籍よりも安い値段で業務に転用出来るレベル」にまでスキルを向上させる事が出来る。

もしAWSを勉強したいのであれば、UdemyのAWSのオススメ講座をまとめた記事がありますので、そちらを参照頂けたらと思います。

現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython 3 入門 + 応用 +アメリカのシリコンバレー流コードスタイル

こちらは、Udemyでもベストセラーになっている「現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython 3 入門 + 応用 +アメリカのシリコンバレー流コードスタイル」

Pythonはコードがシンプルで、かつライブラリが優秀なので、簡単なプログラムであればサクッと書けますし、AI系技術であるディープラーニングをやろうと思ってもPythonを使うので、非常に勉強するには良いプログラム言語です。

またPythonを使える人は、他の言語を使える人に比べると年収が高い傾向があるみたいです。

そんなPythonを教えてくれるのが、上記の講座であり、講師の「酒井 潤」さんは何と現役のシリコンバレーで働くエンジニアのようです。

この講座をオススメする理由は、以下の通り。

  • Pythonの基本(文法やオブジェクト、クラス等)から始まり、応用編では暗号化やテスト、Web、データベース操作、ロギングと言ったところまで学べるので、初級〜中級までの内容が学べて、業務に転用しやすい。
  • 28.5時間の力作だが、喋りが達者で面白い。
  • シリコンバレー流の綺麗なコードを書くためのヒントがたくさんあり、良いプログラムを書くための素養が学べる。

You Tubeもやっているようで、こちらはシリコンバレーで働くためのキャリアとか、シリコンバレーでの暮らし等を発信しているようです。

シリコンバレーで働くくらい実力があるエンジニアの方がプログラミングを教えてくれるなんて、夢のような話です。

Docker and Kubernetes: The Complete Guide

こちらもベストセラーの「Docker and Kubernetes: The Complete Guide」。

DockerとKubernetesの基本的な使い方から、それらを使ったアプリ開発のやり方など、初級〜中級まで学べる講座。

ただし英語です。

でも、以下の記事のように「Udemyの英語字幕機能 + Google翻訳アドオン」を組み合わせて使うと、日本語の字幕が出るようになるので、私のような英語が出来ない人間でも見ることが出来ます。

わざわざ、英語の講座をオススメするのは「とても分かりやすい上に、AWSを組み合わせたりとか、マイクロサービス的な構成でアプリケーションをデプロイとか、業務転用出来る情報がたくさんある」から。

Dockerについては色んな書籍や動画で学びましたが、この講座が、分かりやすさNo.1でした。

AIパーフェクトマスター講座 -Google Colaboratoryで隅々まで学ぶ実用的な人工知能/機械学習-

AI系の講座では、上記の「AIパーフェクトマスター講座 -Google Colaboratoryで隅々まで学ぶ実用的な人工知能/機械学習-」が一番良かったです。

こちらは以下のような講座が収録されており、こちらも初級〜中級者までの内容をカバーしています。

  • 簡単なディープラーニングの基礎理論であるニューラルネットワーク
  • 「これはりんごかバナナか?」と言った画像判定で主に使われる「畳込みニューラルネットワーク(CNN)」
  • 時系列データと呼ばれる株価や売上などのデータを使って未来の数値を予測する「再帰的ニューラルネットワーク(RNN)」

執筆時(2020/02/11当時)では、収録されていませんが、自動運転に使われている強化学習や、一度学習させたモデル(りんごかバナナか判定出来る)を使って新たなモデル(更に、パイナップルも判定出来る)を作成する転移学習も今後、収録されるようです。

日本語でディープラーニングに関するここまでの充実した内容はなかなかないので、オススメです。

YouTube Premium

ご存知、Googleが運営する「YouTube Premium」。

Spotifyユーザーだったけど、YouTube Premiumに乗り換えたら、凄く勉強に使えるコンテンツだった。

わざわざ、月額1,180円(2020/02/11当時)のプレミアム版をおすすめするのは、以下の利点があるから。

  1. 広告なしで動画を視聴出来る。
  2. スマホに動画や再生リストをダウンロードしてオフライン再生出来る。
  3. YouTubeアプリでバックグラウンド再生出来る。
  4. YouTube Originalsの映画やシリーズを視聴出来る。
  5. Google Play MusicやYouTube Music Premiumを料金内で利用出来る。

動画学習に関係するのは1〜3まで。
勉強系コンテンツは長尺の事が多いので、特に「オフライン再生」に対応している事が通勤中の電車でも勉強出来るので、非常にありがたい。

圧倒的に「YouTube Premium」にした方が快適だけど、別に無料版でもOKです。

ただし、You Tubeではコーディングやテクノロジーの動画ももちろんあるのだが、どちらかと言うと、「エンジニアのキャリア」や「エンジニアの仕事のコツ」みたいな内容が多いイメージです。

自分が無知なだけかも知れませんが、Udemyのクオリティを超えるテクノロジー系の動画はまだ存在しない印象です。

しかしエンジニアは「スキルだけあっても幸せになれるとは限らない」ので、ビジネス的にも成功しているエンジニアの考え方を吸収するという面では非常に有益だと思います。

※ (念の為)キャリア系の話は、あなたの人生を左右しますので、自分で考えてから行動しましょう。発信者の方はあなたのためを思って発信していると思いますが、もちろんポジショントークも含まれる事があります。色々な情報をかき集めて総合的に判断することは非常に良いことだと思います。

KENTA / 雑食系エンジニアTV

こちらは、「勝又健太@雑食系エンジニア」さんが運営している「KENTA / 雑食系エンジニアTV」。

エンジニア向けでは国内最大級の会員数を誇るオンラインサロンである「雑食系エンジニアサロン」も運営されている、超ハイスキルのWeb系エンジニア。

主には「Web系企業のエンジニアになりたい人」向けの情報を発信しており、特に「誰がやってもある程度、同じような結果が出るような、再現性の高いWeb系エンジニア転身戦略」は、未経験者からWeb系エンジニアに転職したい人にとっては非常に有益な情報であると思います。

転身したくない人にとっても、「エンジニアとしてのキャリア戦略」や「合理的でクレバー過ぎる考え方」は、とても参考になると思います。

そういう方面を全面に出しているとのが、ビジネスパーソン向けに最近開設された「KENTA / 雑食系ビジネス大学」である。

人生100年時代において、自分の働き方をどんどんと変化させる必要が出てくる中で、一つの職種に留まらず、複数の職種を掛け算的に掛け合わせて、唯一無二のビジネスパーソンとなるための指針や考え方を発信しているように思う。

結論

この記事では「動画学習」の有用性と、オススメのコンテンツについて紹介させて頂きました。

オススメコンテンツについては、まだまだ私が知らない優良動画も多数あるかと思います。

もし、「この動画もオススメだよ」という声がありましたら、教えて頂けると幸いです。

最新情報をチェックしよう!

効率の良い学習方法について知りたいの最新記事8件