アクセスありがとうございます!次は「とあるエンジニアのエソラゴト」で検索して頂けると嬉しいです!

未経験からエンジニアになった人が勉強すべき3つの技術分野

最近、「エンジニアになりたい・転職したい」という未経験の方が増えてきたと思っています。

エンジニアという職業は楽しいので、歓迎です!

しかし、「未経験からエンジニアを目指している、またはエンジニアになった」としても、なかなか「勉強が続かなかったり、プロジェクトでついて行けなかったり」と、挫折する人がいくらかいると思っています。

エンジニアのスキルは「移り変わりが大きいので、何を勉強するのかは非常に大切な戦略」だと思います!

出来るだけ陳腐化しない技術を学ぶことで、それがエンジニアの基礎となり、どんなプロジェクトでも活躍できるのです。

とにかく挫折することを防ぐことが大切です。

せっかくエンジニアを志し、エンジニアになったのだけれども、何を勉強スべきなのかが分からなく挫折するのは非常に残念な話です。

未経験からエンジニアになる・なった方が挫折をしないように、「自分が駆け出しエンジニアに戻ったつもりで、こういうことを勉強しておくと良いよ」という技術分野を3つ紹介したいと思います!
  • 未経験からエンジニアを目指すが、何を勉強したら良いか分からない人
  • 未経験からエンジニアになったが、プロジェクトで役に立てずに悩んでいる人
  • エンジニアの基礎力を身に着けたいと思っている人

未経験からエンジニアになった人(特にアプリ開発の方)が特に勉強すべき3つの陳腐化しにくい技術分野は以下です。

  1. DB
  2. Linux
  3. プログラミング言語

この内容は自分のチームに配属された新人の人たちには必ず話す内容で、自分が困った経験を元にどんな技術分野を学んだら良いかを考えて出した内容です。

そのため、ある程度の信頼性はあるかと思います。

また学習順については、順不同です。

どれか一つを完璧にしてから、次に進むというよりも、ちょっとずつ勉強をしていって、動くアプリを作れるようになった方が挫折率は下がるかと思います。

DB

1つめはDB。

DBについてはアプリケーションを開発する上で不可欠であり、経験上DBがプロジェクトで登場しない機会はあんまりないのかなと思っています。

最初は「SELECT、INSERT、UPDATE、DELETE」といった基本的なSQLの文法から、「WHERE条件、テーブル結合、集約関数、CASE文」あたりを最初に学ぶと良いと思います。

特に以下の書籍が、SQLの書き方を学ぶ上では、オススメです。

もうちょっとレベルの高いSQLのことが書かれているのが、以下の書籍。

それである程度、SQLの書き方を学んだら、DBの設計とかインデックスの付与やパーティション設計、実行コストの計測の仕方と言った、パフォーマンス効率について理解を深めると、プロジェクトでは重宝されると思います。

その点については以下の書籍で学習するのがオススメだと思います。

ただ単にSQLが書けるという状態ではなく、いくつかのSQLの書き方を知っているけれども、「大量のデータを処理するためには、こういう書き方をしたらいい!」ということにまで頭が回るようになると、周りの人からの高い評価も得られるようになると思います!

Linux

2つ目はLinux。

個人的には、Linuxは「自動化ツールを作成する時に特に重宝する」と思っています!

プロジェクトでちょっとした定例作業を自動化したりとか、デプロイのためのツールを作ったりとか、または最近の流行りでいうとDockerfileを書く時のコマンドとか、何かとLinuxのコマンドの書き方を知っていると便利な場面に仕事をしているとよく出会います。

自分はよく使うコマンドをシェルにして、自動デプロイをやったり、ちょっとした便利ツールをよく作ったりという用途でLinuxのコマンドの知識を使います。

ということで、プロジェクトで活躍するためには、「Linuxのコマンド」を学んでおいて、損はないと思います。

特にLinuxのコマンドの使い方を学ぶには、以下の書籍がオススメです。

ちょこちょこっと、皆の役に立つようなツールを作れると、チームメンバーから感謝されたり、すごいと尊敬を集めることが出来ます!

プログラミング言語

3つ目はプログラミング言語です。

やっぱり何か動くものが出来ると嬉しいと思うので、何か好きな言語か自分が就きたい仕事でよく使われる言語を一つ覚えておくと、大雑把には他の言語でも考え方が同じなのでオススメです。

敢えて言うならば、オブジェクト指向の言語の方がいいかと思います。

文法を学ぶのも大切ですが、「それよりもシンプルなコードを書くとか、パフォーマンス効率とかそういうところに速く目が向く」と良いと思います!

そういう良いコードを書く技術は、今あなたが学んでいる他の言語を書く時でも、同じく必要となる考え方となります。

関連記事

良いコードを書く達人と、悪いコードを書く凡人の違いは何か? プログラミングは文法を覚えるだけでは、一人前と言えない こんな経験はないでしょうか? 書いたコードがバグっていて、頻繁に障害が起こり迷惑をかける。 仕様変更が[…]

テクニカルスキル

その点については以下の書籍で学ぶのがオススメです。

エンジニアから挫折しない

ここまで、エンジニアとして現場で活躍出来るように、出来るだけ陳腐化しない技術を3つ紹介させて頂きました!

最初は周りのレベルについて行けずに、しんどい思いをすることもあるかと思いますし、業務外でも勉強をする必要も出てくるかと思います。

しかし、エンジニアになったのであれば楽しいエンジニア人生を送って欲しいと心から思います。

どうしても、エンジニアとして働くのがしんどくなったら以下の記事も是非ともご参考にして頂けたらと思います。

関連記事

はじめに 駆け出しエンジニア わーい!エンジニアになれたぞー!! 残念ながら、エンジニアの世界に憧れを持って、何とか厳しい面接や試験を突破して、晴れてエンジニアになったとしても、その後の道が必ず明るいとは限りません。 […]

あなたが楽しく仕事が出来ることを祈っております!
もし、「面白かった!」、「ためになった」という方がいましたら、この記事をシェア頂けると幸いです!
最新情報をチェックしよう!