【初心者〜現場で活躍まで】挫折しないPython勉強方法もっと知る

【未経験OK】AWS認定クラウドプラクティショナーの勉強方法

この記事は、AWS認定クラウドプラクティショナーの合格体験記です。

エソラ

AWS未経験で勉強に苦労した過去の自分の経験を元に執筆します。

この記事で分かること
  • AWS認定クラウドプラクティショナー試験の概要
  • 実際に自分が試してみて、効率が良いと感じた勉強方法
  • AWS認定試験について、よくある質問の回答

結論は以下の通り。

効率の悪い勉強方法をして、時間とお金を失わないように、ぜひ最後までお読み下さい。

アソシエイトレベルの勉強方法については、以下で詳しくまとめています

目次

AWS認定クラウドプラクティショナー試験の概要

AWS認定クラウドプラクティショナーの試験の概要は、以下の通りです。

項目内容
概要AWSやクラウドについて、基礎的な知識について問われる
レベルAWS入門レベル
問題形式選択式(単一選択 or 複数選択)
問題数65問
合格ライン700点以上 / 1000点満点
実施形式テストセンターまたはオンラインプロクター試験
試験時間90分
受験料金11,000 円(税別)/ 模擬試験 2,000円(税別)
有効期限取得日から、3年間
引用元:『AWS Certified Cloud Practitioner (CLF-C01) 試験ガイド

この試験はAWS認定試験の中では、一番基礎的な試験です。そのため、AWSに入門した技術者だけでなく、営業担当者など幅広い役職の人が受験をします。

AWS認定クラウドプラクティショナー試験の難易度

難易度は、AWS認定の中なら、一番簡単ですが、とは言え、初心者であれば、それなりに難しいと思います。

合格までの勉強時間は、あなたのレベルに合わせて、以下の通りです。

あなたのレベル必要な勉強時間
AWSを触ったことがない初心者45時間
AWSを少し業務で触っている20時間
AWS認定クラウドプラクティショナー試験の合格に必要な勉強時間

けっこう時間がかかる印象を受けると思います。そのため、以下で説明する効率の良い勉強方法を試して欲しいです。

AWS認定クラウドプラクティショナーの勉強方法

自分は受験時に、色々な書籍・動画を購入しました。その経験の中で、過去の自分におすすめしたい勉強方法が以下です。

エソラ

これを知ってたら無駄なお金を使わなかった…無駄な時間とお金を使って失敗しないようにして下さい。

AWS認定試験の合格は、AWSを理解して、問題集をいっぱい解く必要があります。

AWSを勉強するなら、書籍よりも、Udemyのような動画で学ぶのが、楽でおすすめです。AWS認定試験だけでなく、エンジニアなら身につけたいスキルが学べるプラットフォームです。

Udemyについて知りたい人は、以下で完全理解できます

問題集については、残念ながら、AWS公式から過去問題集は出ていないので、類似問題を扱った問題集を解きます。

【2022年版】これだけでOK! AWS認定クラウドプラクティショナー試験突破講座(豊富な試験問題290問付き)

【2022年版】これだけでOK! AWS認定クラウドプラクティショナー試験突破講座(豊富な試験問題290問付き)
総合評価
( 4 )
メリット
  • AWSを操作しながら、解説する形式が分かりやすく、頭の中にスッと入って来る
  • 眠くならないように、自分が実際にAWSを操作するハンズオンが用意されている
  • 動画なので疲れていても、スキマ時間でも勉強ができる
デメリット
  • 動画なので、分からない言葉をパッと検索ができない
  • 問題集としては、問題数が少ない
エソラ

AWS未経験の私でも合格できたのは、この講座のおかげです。

社会人は、勉強の継続が困難ですからね。通勤時に音声だけでも聞けるので、忙しくてもスキマ時間で勉強ができます。

エソラ

私も、仕事・家事・育児しながら勉強しましたが、1講座が長くても10分くらいなので、時間がなくても、何とか勉強が続きました。

また、分からないところは動画を巻き戻したり、講師に直接QAができます。

エソラ

独学だと質問ができないと勉強が止まりますが、この講座ならその点も安心です。

この講座の概要は以下の通り。

項目内容
コース内容クラウド・サーバー・ネットワークといったITの基礎知識
AWSサービスや仕組みの基本知識
試験範囲や試験形式の理解
試験に合格できるだけの知識と経験
コース時間14.5時間
Udemyでの評価4.1
引用元:『

もっと詳しい講座の内容や受講者の口コミが見たい場合は、こちらのからもっと知ることができます。

コース時間は14.5時間という長丁場ですが、未経験からでも合格ができるように、丁寧に解説されている証拠です。倍速再生もできるので、一度見た内容を復習したいのであれば、倍速再生でサクッと確認するのがおすすめです。

ちなみに、この講座は問題集もついているので、この講座一本でも、合格ができます。もし合わなければ、30日以内なら、返金可能です。

\ AWS未経験でも、この講座1本で合格可能! /

30日以内なら返金可能

もしも、AWSで業務をしていて、ある程度理解している人なら、この講座の問題集から解いて、弱点だけ解説動画を見たり、以下で説明するを利用すると良いです。

気になるところは、動画なので、分からない言葉をパッと検索ができないという点が不便でした。

もしも、辞書的に勉強がしたい場合は、以下の書籍が良かったです。

AWS認定資格試験テキスト AWS認定 クラウドプラクティショナー
メリット
  • AWSの設計思想やサービス概要が、豊富なイラストでまとまっている
  • AWS公式のページを読んでも理解できないなら、おすすめ
デメリット
  • 合格のために、問題集が別に必要

資格取得だけでなく、業務でもAWSを使っていきたい場合は、手元でパッと見れる書籍がおすすめです。

【2022年版】この問題だけで合格可能!AWS 認定クラウドプラクティショナー 模擬試験問題集(7回分455問)

【2022年版】この問題だけで合格可能!AWS 認定クラウドプラクティショナー 模擬試験問題集(7回分455問)
総合評価
( 4 )

上記だけでも、合格できる内容ですが、AWS認定の受験料は高いので、万全の体制で臨みたいですね。そんな時にピッタリなのが、このです。

AWSを業務利用しているなら、この講座だけでも良いかも知れません。

この講座は計7回分の模試試験が収録されており、それぞれの難易度は以下の通り。

模試試験難易度
1〜2回目基本レベル(本番の試験と同等の難易度か、少し易しい)
3〜5回目応用レベル(本番の試験と同等の難易度か、少し難しい)
6〜7回目上位試験のアソシエイト試験と同等の難易度
の模試試験難易度

詳しい内容や受講者の口コミは、こちらのからもっと知ることができます。

公式ページによると、1〜5回目を繰り返して、理解すれば、本番でも合格ができるように難易度が設定されています。私の場合は、70%の正答率が出せるようになったところで、本番試験に挑みました。

スマホひとつあれば問題が解けるので、スキマ時間に勉強するのに最適でした。

エソラ

書籍の問題集だと、満員電車で立ったまま勉強するのは難しいですからね。

一発で合格したいなら、おすすめです。

\ 試験対策を万全にして、絶対に合格するなら! /

30日以内なら返金可能

AWS認定クラウドプラクティショナーの申し込みについて

以下からは、AWS認定クラウドプラクティショナーの申し込みについて、よくある質問をまとめています。

申込みにAWSのアカウントは必要か?

AWSのアカウントは必須ではありませんが、お買い物で使っているAmazonのアカウントが必須です。

どこでAWS認定試験が受けられるの?

以下の3つから選択して、AWS認定試験を受けられます。

名称形式おすすめ度
PSIテストセンター
ピアソンVUEテストセンター
オンライン試験オンライン(自宅で受験可能)
AWS認定試験が受験できる場所

自宅で受験ができるなら、自宅の受験が一番楽でおすすめです。上記のリンクで受講環境の詳細が分かります。

自宅の受験が難しい場合は、ピアソンVUEの方がおすすめです。理由は会場が多いことと、申し込みが分かりやすいからです。

AWS認定の受験日はいつ?

AWS認定試験の受験日は、情報処理試験のように決まった日程ではありません。

なので、好きな日時に受験ができます。

最短申し込み日時は?
  • テストセンターで受験する場合は、最短24時間以内で申し込み可能
  • 自宅で受験する場合は、当日申し込みも可能

ただし、テストセンターで受験する場合は、空きがある場合なので、余裕を持って申し込みするのをおすすめします

AWS認定クラウドプラクティショナーは転職で有利になるか?

正直言うと、AWS認定クラウドプラクティショナー試験は、AWSの入門レベルなので、あった方が良いのは確実ですが、資格を所有しているからと言って、転職活動が有利になるとは言い切れません。

AWS資格によって、転職活動で有利になりたいのであれば、中級レベルのアソシエイトレベルくらいまでは必要だと思います。ぜひとも、AWS認定クラウドプラクティショナー試験に合格したら、チャレンジして下さい。

アソシエイトレベルの勉強方法については、以下で詳しくまとめています

ただし、転職活動については、資格取得も大切ですが、実務経験がもっと大切です。

資格取得は体系的な知識を得ることに役に立ちますが、経験は実務の中で磨いていくのが、基本戦略です。

まとめ:合格したいなら、効率の良く勉強する必要がある

ここまで、AWS認定クラウドプラクティショナーの概要や効率的な勉強方法、よくある質問についてまとめました。

特に勉強方法については、合格するならある程度の自己投資は必要ですが、無駄な買い物をしないように吟味して、選ぶことが大切です。

私が試して、おすすめの勉強方法は以下の通りです。

社会人は忙しいので、勉強時間の確保ができるかによって、合格率は違ってきます。ぜひとも、自分にとって効率の良い勉強方法を見つけ出して、合格を掴んで欲しいと思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

役に立った、面白かったと思ったら、SNSでシェアしてくれると嬉しいです。

エソラ

もし分からないことがあれば、お問い合わせTwitterにご連絡をいただけると嬉しいです。(Twitterの方が返信早いかも…)

\ 更新の励みになるので、ポチッとしてね /

エソラ

他にもスキルアップやキャリアアップの役に立つ情報が満載です。他の記事も読んで、ゆっくりしていってね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次