Kindleで技術書が最大70%OFFのセール中!詳しくはこちら

【初心者OK】楽するAWSソリューションアーキテクト・アソシエイト勉強方法

【初心者OK】楽するAWSソリューションアーキテクト・アソシエイト勉強方法-1
  • AWSって、どう勉強したらいいの?
  • 初心者だけど、AWSソリューションアーキテクト・アソシエイトに合格することは可能?
  • 一番効率の良い勉強方法を教えて!

そんな疑問に今回は答えます。

AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験の難易度は高いです。それは、AWSの基本サービスの概要や使い方に加えて、インフラの知識も必要、合格するためには幅広い知識が必要だからです。

そのため、合格のためには、効率的な学習が必要です。通常の勉強方法で学習した場合の、合格までの目安時間は、以下の通り。

合格までの目安時間
  • AWSを業務で使っている人であれば、20時間
  • 初心者であれば、100時間

忙しい社会人なら、勉強時間を確保するのは大変だと思います。

ということで、以下からは、できるだけ苦しまないAWS認定の勉強方法について、自分の体験談から説明します。

効率的に勉強をすれば、AWS初心者であっても合格可能です。私も初心者から合格しました。時間を短縮して、効率的に学習するため、ぜひ最後までお読み下さい。

目次

AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験の概要

AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験の概要です。

項目内容
概要AWS における分散システムの可用性、コスト効率、高耐障害性およびスケーラビリティの設計に関する 1 年以上の実務経験を持つソリューションアーキテクト担当者を対象
レベル中級者レベル
問題形式選択式(単一選択 or 複数選択)
問題数65問
合格ライン720点以上 / 1000点満点
実施形式テストセンターまたはオンラインプロクター試験
試験時間130分
受験料金15,000 円(税別)/ 模擬試験 2,000円(税別)
有効期限取得日から3年間
引用元:『https://aws.amazon.com/jp/certification/certified-solutions-architect-associate/

AWS公式の説明では、1年以上の経験が必要と記載されています。これは想定レベルであり、実際に1年以上の経験が必要なわけではありません。極端な話、AWS未経験者でも受験可能です。

Udemyで学習(非常におすすめ)

結論としては「Udemy」で勉強するのが一番コスパ良く、楽に学習できます。

Udemyとは、動画学習プラットフォームです。エンジニアリングスキルを学習できるYou Tubeとイメージすると、分かりやすいです。

結局、「資格を取りたいけど、あまり時間はかけたくない」という人が多いと思います。それなら、書籍で勉強するよりも、動画で勉強をした方が時間をかけずに効率的に勉強が出来ます。

Udemyについての詳細については、以下の記事を読むと、完全に理解できます。

では、具体的にUdemyのどの講座を学べば良いのかを解説していきます。

【2022年版】これだけでOK! AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験突破講座

Udemyの中でも凄く人気があるイチオシ講座が、【2022年版】これだけでOK! AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験突破講座。

約32時間という圧倒的なボリュームで、基本的なAWSのサービスをハンズオン形式で解説してくれる優良講座。AWSでは、数少ない日本語講座です。実際に手で動かしながら学ぶことが出来るので、記憶定着にも良いです。

とは言え、32時間も見れない人が多いと思います。そんな人は試験の中で、特に出題が多い項目をやってみて下さい。

AWS ソリューションアーキテクト・アソシエイト試験で出題率が高い項目
  • IAM
  • EC2
  • VPC
  • Well-Architected Framework
  • 信頼性の設計

\ AWS学習の決定版!30日以内なら返品もOK! /

【2022年版】AWS 認定ソリューションアーキテクト アソシエイト模擬試験問題集(6回分390問)

上記の講座でハンズオン形式でAWSサービスの基本的な使い方を学んだなら、是非とも上記の模試試験をUdemyで買ってやってみて欲しいです。

受験勉強をする時の鉄則は過去問を分析することだと思います。しかし、残念ながら、AWS認定試験は過去問題集が存在しません。ということで、問題集として、圧倒的におすすめなのが本講座です。

合格したいのであれば、この講座は必ず買うべきです。理由は以下の通りです。

おすすめの理由
  1. スマートフォンでも上記の模試試験なら受講出来て、満員電車の中でも、片手が空いていれば勉強が出来る
  2. 電子のため自分が間違えた問題や苦手分野が分かりやすく円グラフで表示されるため、次に何を重点的に勉強したら良いかが把握しやすくなる
  3. 390問という十分過ぎる問題数。

「やってみたけど、難しすぎて全然解けなかった」ということがあると思いますが、この問題集の難易度は高めに設定されています。そのため、1回目は全然合格点に満たない可能性が高いので、全然普通のことです。

参考までに自分の場合は

最初は40%くらいしか正解しませんでした。模試一つにつき、3回ずつ模試試験を受講し、だいたい70-80%くらいの正答率になった時点で、本認定試験を受講して合格が出来ました。

正直、この講座はAWS認定に合格をして、スキルアップしたいのであれば、必須であると思います。

\ AWS認定に合格するなら必須!30日以内なら、返品OK /

書籍で勉強(出来れば推奨)

Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築 改訂版

Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築 改訂版

AWS認定試験では、インフラの知識も問われます。インフラ業務をやったことがないエンジニアにとっては鬼門となります。

そんな中で、この書籍はAWSを扱いながら、基本的なインフラの知識を取得できる書籍です。

私もこれまでアプリ開発専門で、インフラの知識は皆無でした。しかし、上記の書籍の優しい文章を読み、AWSを使いながらインフラを勉強したおかげで、インフラに対する苦手意識も克服できました。

AWS試験で役に立つポイント

VPCでネットワークを構築し、そこにパブリックサブネットとプライベートサブネットを構築して、それぞれのサブネットにEC2を配置してWebサーバーとDBサーバーを立てて…といったハンズオンの内容が、そのまま認定試験にも出題されます。

AWS認定のためだけではなく、インフラ知識の習得によって、スキルの幅を広げたいエンジニアにも、ぴったりな書籍です。

AWSを使って、インフラ知識を得たいなら

AWS認定アソシエイト3資格対策〜ソリューションアーキテクト、デベロッパー、SysOpsアドミニストレーター〜

AWS認定アソシエイト3資格対策〜ソリューションアーキテクト、デベロッパー、SysOpsアドミニストレーター〜

この書籍はAWSのアソシエイトレベルで出題されるサービスについて、体系的にまとめた書籍です。

この書籍のおすすめのポイントは、セキュリティとか、分野毎に横串で情報がまとまっている点です。個々のサービスの詳細について記載している情報は数多く存在します。

しかし、AWSを勉強し始めた初心者が個々のサービス情報を体系的にまとめ上げて、比較するようなことは至難の技であると思うので、素直にこの書籍を買ってしまった方が時間の節約になると思います。

AWSを深く理解するならおすすめ

公式情報(おすすめ)

難易度は高いかも知れないけれども、認定試験突破という観点ではなく、AWSをマスターするには公式情報は必須です。(認定試験対策だけと割り切るのであれば、以下の情報はちらっとで良い…)

ホワイトペーパー

AWSのリファレンス集。

特に以下がおすすめです。

BlackBelt

AWSのサービスの具体的な使い方やユースケース等について、スライド形式でまとめられています。

ホワイトペーパーよりは見やすく、今でも初めて触るAWSのサービスについてはまずはBlackBeltを見てみることが多いです。

AWS サービス別資料はこちらから。

AWS Summit等で発表されたプレゼンについてはAWS Japanの公式You Tubeチェンネルでもアップされており、スライドで見るよりもこちらから見たほうが良いと思います。

Amazon Web Services Japan 公式はこちらから。

公式のチュートリアル

AWS公式が出しているチュートリアル。

多分、最近開設された。(AWS公式の方が2020年度は開発者の育成に力を入れたいと仰っていたので、その成果?)

初心者向けの短めのハンズオンから、中級者・上級者向けの骨のあるハンズオンの2つの種類があります。

中級者・上級者向けはこちらから。

AWS公式の模試試験

AWS認定試験ポータルから申し込めます。金額は2000円。

注意点

ただし、この模試試験は受講しても「どの問題が不正解だったか」等のフィードバックを受けることが出来ません。

どういう状況で受けるのだろうと思っていたら、会社の先輩が「この模試試験で悩まず回答が出来たら、本認定試験を受ける」というバロメータにしているようでした。

受けても、受けなくても良いです。私は受けていません。

最後に

ここまで、色々とAWS認定試験 ソリューションアーキテクト・アソシエイトの学習方法について記載しました。

おさらいとしては、まずは「Udemy」を利用して、AWSの操作になれつつ雰囲気を掴んでいくと良いと思います。雰囲気を掴めたら、Udemyの模試試験講座をスキマ時間を使いながら、アウトプットです。

おすすめのUdemyの講座を振り返ると、以下でした。

この認定試験を受講する方の多くは、「AWSを業務で使いたい」というモチベーションの方が多いと思います。そんな方は是非、AWS公式の情報に触れながら、実際に手を動かしてみて、たくさんのサービスを使ってみて下さい。

私自身、最初はレガシーな技術を扱うエンジニアでしたが、2019年の7月からレガシーな技術を使ったプロジェクトを異動して、AWSを使うようになりました。ここで初めてクラウド技術を扱うようになりました。

その当時の私の知識はもちろん「EC2って何?S3って変な名前…」といった風に、AWSに関する知識は全くありませんでした。それに加えて、それまでアプリケーションの開発を主に担当していたため、インフラ面の知識も非常に乏しい状態でした。

それでもガッツリとガリ勉したわけではありませんが、2019年の9月末にはAWS クラウドプラクティショナー試験に合格。

また2020年1月頭には表題の「AWS ソリューションアーキテクト・アソシエイト試験」に合格しました。

ということで、いつからでも、AWSを勉強し始めるのに遅いことはありません。頑張って下さい。

以下はAWSに関する関連記事ですので、よろしければこちらもどうぞ。

読んで頂いた皆様のご健闘と合格を心よりお祈りしています!

【初心者OK】楽するAWSソリューションアーキテクト・アソシエイト勉強方法-1

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

目次
閉じる